長府の風景 Feed

2016年6月30日 (木)

6月の長府庭園 雨の日

今年の梅雨は良く雨が降ります。降り過ぎないように自然に人にやさしくお願いします!6月も終わりになりましたね。今回は誌絵菜のある長府のご紹介です。誌絵菜から歩いても行けますが、下関市立美術館の隣に長府庭園があります。和の建築を残した建物の中では、創作作品の展示やイベントも開催されています。今日は庭園の中の風景を選んでみました。雨でも楽しめる美しい庭です。6月は雨に濡れる新緑や菖蒲の花、紫陽花がいっぱいです。奥に進むと長府の町の中とは思えない静かな空間がひろがっています。雨と潤った空気が音を消しているようです。6月の長府をぜひお楽しみください。

Dsc_0670

Dsc_0675

Dsc_0687

Dsc_0679

Dsc_0691

Dsc_0695

Dsc_0677

Dsc_0698

Dsc_0702


2016年4月22日 (金)

金屋町の町並み

本日は金屋町の町並みと誌絵菜を撮ってみました。宇部・小野田方面からは印内西の信号から入ってすぐに金屋町の町並みが見えます。右手には長府城下町まで数社のお寺が続いています。この道も旧山陽道です。京都の東寺を起点にした西国街道の一部です。

Img_1871

電線が埋設されていて美しい町並みです。日本建築の町家風、蔵風、趣のある建物が並びます。町並みを通り抜けて、逆から見てみましょう。

Img_1866

まっすぐ見通せます。金屋町の町並みは直線で300mほどでしょうか。和風建築の身に包まれて、さまざまなお店があります。赤いポストがある場所が誌絵菜です。実家の家の前にもポストがあって、郵便屋さんとは不思議な縁を感じます。

Img_1862

お車は誌絵菜の前にも1台は停められますが、近くに駐車場(2台分)を用意していますので安心してご覧いただけます。駐車場の番号は7番、15番です。

Img_1868

▼駐車場からも誌絵菜が見えます。

Img_1869

長府金屋町へ、また誌絵菜へお越しの際はどうぞ安全運転で!サンデン交通のバスをご利用の際は「金屋浜・バス停」または「城下町長府・バス停」が便利です。次回は手描友禅体験教室のご案内をしたいと思います。